世界観を変える 新生の学び(2)

大宇宙の中で地球という天体に、私たち人間は住んでいます。このような事は普段意識はしませんが、ちょっと考えてみるとすごく不思議なこととは思えないでしょうか。

人がキリストに出会うと、この世界観が180度変わるのです。この大宇宙も地球も人間の存在も偶然の産物であると考えれば、それぞれに目的などないと考えられます。しかし、キリストはすべてのものに目的があると教えています。大宇宙もすべての自然も私たち人間も、すべて目的をもって造られたのです。

世界はどのように造られたのでしょうか。世界の始めはどのように始まったのでしょうか。そして、私たち人間は何のために生きているのでしょうか。

神の創造の詳細、つまりどのような化学反応でこの地球が造られたのか、宇宙が創造されたのか、未だはっきりしたことは誰も知る得ることは出来ません。しかし、天地万物が神によって創造されたという事実に変わりはない、と私は信じています。

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。・・・その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。(ヨハネ1章1節ー14節)

「言」は「ことば」と読みます。言は天にいらして父なる神とともにいたのです。三位一体の神として言は、天地万物を創造されました。これが世界の始めなのです。この方が人間に光を与えるために、人として生まれました。この方がイエス・キリストです。この方を通して新しい命が与えられます。人はイエス・キリストによって新しく生まれます。

ここに書かれていることは真実です。しかし、新生は自分で体験してみないと、なかなか信じがたいことです。本当か?と思うのは当然です。同時に、イエス・キリストを信じない事には何も始まりません。

読者の皆様が、イエス・キリストを信じるよう導かれますように、心からお祈りします。また神の愛が皆様の上に今日も宿りますように。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。