飼い主と人間

聖書は、人間を羊、イエス・キリストを羊飼いに例えています。視点を変えて人間を犬に例えれば・・・どうでしょうか。犬の表情をよく観察すると犬にも性格があるんだなと分かります。勝手気ままに動きまわりわがままに振舞う犬もいれば、非常に従順な穏やかな犬もいます。飼い主がいる犬と飼い主がいない犬とでは、また表情や動作が違うのにも気づかされます。

飼い主がいる犬は、どこかに安心感を持っているように感じさせます。つまり、自分の居所を知っているというわけです。ところが飼い主がいない犬、俗にいう野良犬は(たくましい犬もいますが、)どこか寂しげです。どこへ行くでもなく目的もなく、食べ物を与える人には誰にでもなつく姿があります。何を考え歩いているのだろうか、と思わず犬の言葉が判れば聞いてみたいと思わせます。
飼い主と犬
人間にも同じ事が言えるのではないでしょうか。人間の飼い主は、創造主なる神です。私たちを創造して下さった方ですから、私たちにとって良いこと、悪いことを知っているのです。ところが私たち、人間は飼い主から離れて野良犬のようになってしまったのです。飼い主なる神は、離れてしまった人間を捜し求めています。「帰って来い」と言っているのです。

人間の人生は当てどのない旅に思えることがあります。目的、目標もなく生きがいもない人生を送っている人がいます。天涯孤独の人生を送っている人がいます。世の中の周りの人から見捨てられた人たちがいるのです。そんな人に神は「疲れているだろう。あなたの重荷を降ろして、わたしのもとに来なさい。今までの生き方を忘れなさい。また一から出直そう。わたしが助けてあげる。あなたの人生は、わたしにとって大切な命。わたしはあなたを愛している。肩の力を抜いてわたしのもとに来なさい。わたしから学びなさい」と言っています。

わたしたちは、この神のことばにどう答えるのでしょうか。自分の考えや生き方を主張して、Going My Way で行くのでしょうか。それとも生き方をリセットして、神に助けていただくのでしょうか。 キリストの言葉を聞いてみましょう。

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」(ヨハネ8章12節)

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。(ヨハネ14章6節)

そして、「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われた。(マルコ4章9節)

これらの言葉を聞いてよく考え、たとえ信じていなくても神に祈ってみましょう。光明が心に差し込んでくるでしょう。

読者の皆様の上に、キリストの愛がそそがれますように、心よりお祈り申し上げます。

MN

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。