人類共通の宗教的慣習=祈り

祈りは、人間の口から自然に出てくる心の叫びです。祈りはどんな宗教にも存在します。宗教心を持たない人でも困った時には思わず祈りたく(何かにすがりたく)なるのではないでしょうか。その意味では祈りは人類共通の行いです。

祈りはいろいろな形で(願掛けや御守りや初詣)表現されています。祈りの内容は「すべての種類の危険、自然災害や人災や事故から守られ、健康や長寿、希望や物欲が満たされるように」のようなものです。

しかし、キリストが教える祈りは出発点から違います。

天におられるわたしたちの父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、/天におけるように地の上にも。(マタイ6章9節ー10節)

一番最初に祈ることは、創造主なる神を褒め讃え感謝することです。さらに自分の希望や願いを言う前に、神の国、つまり神の支配がこの地に宿るように祈り、さらにその御国において神の御心が行われるように祈ります。

聖書が教える祈りは、念仏のように同じ言葉を繰り返し言うようなものではありません。祈りは神との会話です。天にいらっしゃる創造主なる神に、私たち創造された側が話しかけるのです。日々の生活で必要なものを下さいとお願いするのです。ごく自然な行いです。だから、困ったときだけでなく日々祈ります。

しかし、わたしたち人間は些細なことで思い悩んでしまいがちです。悩んでいる当人には、非常に大きな問題として見えるものです。仕事のプレッシャーもあるでしょう。会社内の人間関係、家族の問題、金銭的な問題を抱えている人もいます。仕事もない人もいるでしょう。また自分の欲望が満たされないと思い悩んだりもします。日々、祈っている人はこのような悩みもすべて神に打ち明けます。

どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。(ピリピ4・6)

このような祈りにおいても神への感謝を忘れてはいけません。いつも神の愛とその力に感謝して、神は祈りに応えてくださると信じて祈るのです。

創造主なる神は、天にいらした神の子をイエス・キリストとして人間として生まれさせ、この方を神と人間の間の仲介者としたのです。だから、キリストを信じる者はどんなことでも、どんな問題であっても神に祈り頼めるのです。

神に祈れて神と会話できる、これ自体が素晴らしいギフトです。

読者の皆様の上に、神の素晴らしい愛が注がれますように、心よりお祈り申し上げます。

MN

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。