人間不信の世の中

人間不信の世の中ではいろいろな悲しい事件がおきます。この世の中は混乱の極みです。政治不信からちまたの犯罪まで非常に悲しい限りです。イエス・キリストを心で受け入れてこの世の悪から救われましょう。

政治不信から傷害事件まで

政治不信と言われて久しくなります。不信は政治に限ったことではありません。人間不信、世の中不信に悩まされた人々は、ストレスのはけ口を見つけることが出来ません。この様な人々は、些細なことで殺人を犯したりしてしまいます。ちょっとイライラしたからといって、若者が駅の構内で刃物をもって人々の命を奪ったり、また喧嘩になってしまい相手の方に傷害を負わせてしまった事件は枚挙にいとまがありません。または、親兄弟、子供を誤って殺してしまったと言うような事件は、テレビの刑事ものを思わされます。一見、世の中は平和そうに見えますが、多くの不信が人の心には渦巻いているのです。

オレオレ詐欺

毎日のように耳を疑うようなおぞましい事件を耳にします。もう驚きませんが、この世の中がすさんでいると実感するだけです。とりわけ、その中でも極め付けがひき逃げ事件とオレオレ詐欺事件です。オレオレ詐欺もこれだけ報道されているのになぜ?この世の悪に対して憤りを覚えます。しかし、このような人間の生き様は遠い昔から続いているのです。

あらゆる不義、悪、むさぼり、悪意に満ち、ねたみ、殺意、不和、欺き、邪念にあふれ、陰口を言い、人をそしり、神を憎み、人を侮り、高慢であり、大言を吐き、悪事をたくらみ、親に逆らい、 無知、不誠実、無情、無慈悲です。彼らは、このようなことを行う者が死に値するという神の定めを知っていながら、自分でそれを行うだけではなく、他人の同じ行為をも是認しています。(ローマ1章29節ー32節)

この世には目に見えない悪の力が働いています。聖書は、その力を悪魔と言っています。悪魔の目的は、人間が創造主なる神から遠くはなれその教えに反して生きていくことです。さらに人間通しが争い傷つけあうように仕向けているのです。しかし、この世はこの悪魔の力、影響を無視し続けています。

嘘偽りを言う人間の罪

他の人を直接傷つけなくても、嘘偽りを言われることによって人間は傷つけられるのです。現代のベートベンと称された佐村河内守氏が、実はまったくの偽者であったという話を聞いた時にはさすがに驚きました。歩くときは杖をつき手首には包帯を巻き、曲創りのときには頭を壁に打ち付け、いかにも苦悩の中で作曲している様子がドキュメンタリーとして放送されていました。ここまでくると世の中何を信じていいのかわからないと感じる人はいるかもしれません。

このような人を裁き、この方の人間性を決め付けるのは簡単です。しかし、嘘偽りを言ってしまう、虚栄心ゆえに自分をより良く見せようとするのは、誰もが持っている人間の性ではないでしょうか。わたしたち人間は心の内に罪という大きな問題を抱えています。

イエス・キリストを心で受け入れて

この罪からわたしたちを救い出し解放してくださるのがキリストです。私たちは嘘偽りを言ったことはあるでしょうか。この自問に対して「一度もない」と言ったら新たな嘘になってしまうでしょう。

わたしたち人間は罪悪においてはまさに「どんぐりの背比べ」、「五十歩百歩」です。根本的にそれほど変わりはないのです。「佐村河内守氏の罪はわたしの罪よりも重い」とわたしには言えません。わたしも彼も同じように神によって愛されているのです。小さな罪だから関係ないと言えません。小さな罪だからわたしが罪人ではなくなるとはいえません。どんなに小さな罪悪であろうと、たったの1回の過失であっても、わたしたちは罪に定められるのです。その罪の重荷からキリストはわたしたちを解放してくださるのです。イエス・キリストを心で受け入れて・・・人生が変えられます。

読者の皆様の上に神の愛が注がれますように、心よりお祈り申し上げます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。