劣等感、私はダメ人間?

 

「自分は何をやってもダメだ。何をやっても長続きしない。一度だって成功したためしがない。」と感じたことはないでしょうか。劣等感は感じたことはありますか。実は劣等感と戦っている人は意外に多いでしょう。ネガティブ思考で自らを苦しめ、だけど健全な自己イメージを持ちたい方にはお薦めページです。という私もどちらかというとネガティブ思考の持ち主なんです。だからそのように感じている人の悩みは手に取るように理解できます。

実はこのような感情や思いは、一つの大きな考え方が原因で人の心にわいてきます。このような考えをもつ人は無意識にですが、物事の成否を0%か100%で測ってしまう、白か黒だけで見てしまう、一つの失敗ですべて失敗しているように思い込んでしまう人です。(完全、完璧主義者はこのように考えやすいです。)そのように考えるうちに、ついつい自分にネガティブなレッテルを貼っていくのです。否定的な独り言を繰り返し繰り返している間に、それがその人にとっては真実になっていく・・・・。世界の重荷を一身に背負っているような・・・。無意識に劣等感が積みあがってきます。人間の思考回路は不思議です。

しかし、人生には失敗がつきものです。失敗しない人などこの世にいないのです。ネガティブ思考を直すには、そのネガティブな独り言が真実ではないことを繰り返し自分に言い聞かせます。

  • 一つの失敗ですべてがダメになる訳ではない。
  • 「自分はいつも失敗ばかりしている」の独り言に対して「いつも失敗している訳ではない」と言い返しましょう。
  • 「何をやってもダメだ。自分には何の能力もない」の独り言に対して「そんなことはない。自分には・・・の能力がある」と言い返しましょう。

このような0か100思考、白黒思考で人生うまくいくはずはないのです。だって誰だって失敗する時があるからです。もし一回の失敗ですべてが終わったら人類すべての人間が終わっています。成功者などいなくなってしまいます。そうはわかっていても0か100思考回路を持っている人にとっては苦しいのです。このように書いている私自身も同じような考え方を持っていたので、苦しんでいる人のお気持ちは十二分に理解できます。

次に自分と他の人を比べないことです。この世の仕組みは、勉強でも仕事でも比較されて評価が決まるようになっています。いつしかその仕組みに、私たちは慣れてしまっているのです。他の人と比較して良い事はありません。人より優れていれば不健全な優越感が芽生えますし、劣っていれば劣等感に悩んでしまうのです。良いことないですよね。

二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。(マタイ10章29節ー31節)

しかし、私たちが神によって愛されている事実を知るーこれが何よりも大切なことです。私たち一人一人は、神のかたちとして造られ、この地球上で他の誰とも似つかないユニークな存在として生きるように創造されたのです。だから、他の人の成功と自分を比較する必要もありません。神はあなたが生まれた時からいつもあなたに目をかけています。あなたの髪の毛の本数さえをも知っているのです。しかし、人間は不思議な生き物です。

ただし見よ、見いだしたことがある。神は人間をまっすぐに造られたが/人間は複雑な考え方をしたがる、ということ。(伝道者の書7章29節)

人間は自由意志を持ち自由な発想で物事を判断したり考えたりします。ネガティブ思考もその一つですね。今一度、自分の考え方をリセットしましょう。第一に、神の愛を日々感じましょう。朝起きたときから神の愛はすぐにそこにあります。太陽の日差し、きれいな空気を感じましょう。神は自然をとして私たち人間を愛しておられます。(もちろん、自然は神ではありません。神は自然を創造したのですが。神の存在と偶像礼拝を参照)神の愛によって愛されているのを知り祈ると、不思議と平安がおとずれます。肩の荷を降ろしましょう。
第二に、人間は失敗するようになっていると納得することです。失敗のない人生などありません。ネガティブ思考の人は、自分だけが失敗していると考えがちですが、そんなことはありません。すべての人は失敗から学ぶのです。

第三に、イエス・キリストを信じて勇気をいただきましょう。キリストから学び健全な生き方を教えていただきましょう。キリストはいつも私たちのそばにいます。祈り求めて知恵を頂き、人生をまっすぐ見て健康な心と身体を保ちましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。