縁起、不運、幸運

日本には古くから「縁起をかつぐ」という慣習があります。欧米諸国、東南アジアにもありますから、「縁起をかつぐ」慣習はすべての文化に共通して存在しているのでしょう。ただしそれが良い慣習かというと別問題です。

夏も終わり秋から冬になると、大学受験や高校受験をする人にとっては、いよいよ本当にエンジンかけてやらないといけない時期に入ってきます。1月、2月になり受験シーズンにはなると毎年雪が降ることが多いようです。 「受験生は受験にすべる前にすべって転んでしまう」 などと『縁起』でもないことを言う人も出てきます。受験生の親が聞いたらきっと怒るでしょうけど、受験する本人は気にしている余裕もないのではないでしょう。

『縁起』という慣習は結構厄介なものです。結婚式や葬式の日取りを決めるのも厄介な仕事です。 変に西洋化した日本人が、普段見ていない日本の暦を見るのもこの時だけかもしれないです。実は 『縁起』とは結婚する当人にとってはどうでもいい事かもしれません。 むしろ周囲の人間の方が気にしているのでしょう。 葬式にしてもしかりです。 死んだ本人はこの世にいないわけですから、どうもこうもいえない立場です。

人の人生は、縁起をかつぐことによって左右されているのでしょうか。あるいは運や不運で左右されているのでしょうか。もし縁起や運を信じていれば、いろいろな所にお参りをしなければなりません。悪い頃が続くのは祟りがあるのではないか?と考えたりします。家の方向が悪いのでは?名前の字画が悪いのでは?名前を変えたほうがいいかも?神社に行ってお清めをしてもらう人もいます。

確かにこの世に悪魔の影響、悪魔の霊である悪霊の影響はあります。この世で起きているすべての悪は、私たち人間が悪魔によって起こされていることです。悪魔の目的は、人間を唯一の神から離れさせ嘘の神や霊を礼拝させることにあります。

私は子供の時に親に連れられて神社仏閣に行ってお参りをしました。自分の父親は占いに興味をもっていました。そんな訳で私も父親が読んでいた本をよく読んでいました。自分でも買ったことがあります。

クリスチャンになってからは、日本の暦や十二支、西洋の占い、縁起を信じたことは私はありません。事実、私は毎日そのような慣習を破り続けていますが、未だ悪いことは起きていません。むしろクリスチャンになってから良いことばかりです。

人間は「自分の運命」を変えるために様々な事をします。私の友人は手相を変えるために、自分の手にしわを作るために毎日、手の運動のような事をしていました。名前を変える人もいます。子供の名前の画数をすごく気にする人もいます。

私は1956年(昭和31年)12月生まれの申年です。八白土星です。同じ年、月に生まれた人たちが同じような性格をしているか、、、、まったくそうではないです。私の同級生は申年の人が多いですが、本に書かれている申年の性質をもっているか、、、、まったくそうではないです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われます。私たち人間は、占いに真実はないと知っていながらも、ついつい見てしまうところがあります。

キリストの言葉を聞いてみましょう。

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」(ヨハネ8章12節)

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」トマスが言った。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか。」イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」(ヨハネ14章1節ー7節)

イエス・キリストを信じる事こそ人間が祝福を受ける道です。どうぞイエス・キリストを受け入れてください。心よりお祈りいたします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。