聖書の内容

聖書の概要

聖書をまったく読んだ事がない方のために、ここで聖書の概要を簡単に説明します。聖書は全部で66の書からなり、旧約聖書(39書)と新約聖書(27書)に分かれています。 旧約聖書はユダヤ人の歴史とユダヤ人を通しての神の行いが書かれています。そして旧約聖書は、その名が示す通りに、神の旧い契約の書です。旧約聖書のそれぞれの書を順番に説明していきます。もし、今聖書をお持ちならば旧約聖書の最初の目次を見てください。そこに創世紀からマラキ書までの名前がつづられているはずです。

最初の書である創世紀から、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記まで、天地万物の起源からイスラエルの民が選ばれた歴史が書かれています。

次にヨシュヤ記から、士師記、ルツ記、サミエル記 第一、サミエル記 第二、列王記 第一、列王記 第二と歴代誌 第一、歴代誌 第二までは、カナンの地(今のパレスチナ)に住んだイスラエルの歴史が書かれています。

エズラ記、ネヘミヤ記、エステル記はカナンの地から追い出されバビロンの地で捕囚となったイスラエルの歴史をたどっています。

その他、知恵文学と呼ばれるヨブ記、詩篇、箴言、伝道者の書、雅歌、哀歌は、イスラエルの民の信仰が詩的文書で書かれています。

そして最後に預言書と呼ばれる書があります。イスラエルがカナンの地とバビロンの地に住んだ時に神によって遣わされた預言者が語ったことばが記されている書です。それらの書はイザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書、ダニエル書、ホセヤ書、ヨエル書、アモス書、オバデヤ書、ヨナ書、ミカ書、ナホム書、ハバクク書、ゼパニヤ書、ハガイ書、ゼカリヤ書、そして最後のマラキ書です。

一方、新約聖書は神の新しい契約の書です。新しい契約はイエス・キリストによってなされた契約です。新約聖書は3つの種類の書物に分けられます。聖書をお持ちの方は新約聖書の目次を見てください。

マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書と呼ばれる書は、イエス・キリストの生涯をそれぞれの著者が違った観点から書いた書です。次に使徒行伝の働きという書は、初期教会(1世紀における教会)の発展の記録が記されている歴史書です。

残りの書(ローマ人への手紙、コリント人への手紙第一、第二、ガラテヤ人への手紙、エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙、テサロニケ人への手紙第一、第二、テモテへの手紙第一、第二、テトスへの手紙、ピレモンへの手紙、ヘブル人への手紙、ヤコブの手紙、ペトロの手紙第一、第二、ヨハネの手紙第一、第二、第三、ユダの手紙、黙示録)はすべてイエスの弟子たちが初教会に送った手紙です。旧約聖書が書かれた後とイエス・キリストが教え始めた時まで、約400年の間、神のことばを語るものはいませんでした。この間にユダヤ人たちは神の聖霊を取り違えて、彼ら独自の解釈と伝統を作っていきました。そしてユダヤ教という宗教が生まれたのです。このような時にイエス・キリストは神のことばを語りました。

  • 旧約聖書(39書)
  • 律法の書
    • 創世紀ーーーー神の創造のわざとアブラハムとの契約 (モーセ五書)
    • 出エジプト記ーーイスラエルとの契約と律法
    • レビ記ーーーーモラル、儀式的な律法
    • 民数記ーーーー約束の地への旅路
    • 申命記ーーーー契約と律法の復習
  • 歴史書(十二書)
    • ヨシュヤ記ーーー約束の地、カナンの征服
    • 士師記ーーーーカナンの地で士師がイスラエルを治めた記録
    • ルツ記ーーーー士師の時代におけるルツという女性の話
    • 1サミエルーーーサウロ王の確立
    • 2サミエルーーーダビデ王の確立
    • 1列王記ーーーーソロモン王の確立、王国の分裂
    • 2列王記ーーーー南と北王国の歴史
    • 1歴代誌ーーーー創世紀からの系図からダビデ王まで
    • 2歴代誌ーーーーソロモン王から南と北王国の歴史
    • エズラ記ーーーーバビロンからの帰還と神殿建設
    • ネヘミヤ記ーーーバビロンからの帰還とエルサレムの壁建設
    • エステル記ーーーペルシャ時代におけるユダヤ人たちの話
  • 知恵文学 (五書)
    • ヨブ記ーーーーー人生の苦しみと神の答え
    • 詩篇ーーーーー神への賛美と賛歌
    • 箴言ーーーーー知恵ある人生
    • 伝道者の書ーー人生の目的
    • 雅歌ーーーーー結婚生活の賛歌
  • 大預言書(五書)
    • イザヤ書ーーーー前730、神の支配と希望
    • エレミヤ書ーーー前580、南の王国滅亡と希望
    • 哀歌ーーーーーー前580、南の王国滅亡と悲しみ
    • エゼキエル書ーー前580、南王国滅亡と復帰
    • ダニエル書ーーー前580、神の支配
  • 小預言書 (十二書)
    • ホセヤ書ーーーー前730、イスラエルの不義
    • ヨエル書ーーーー時代不明、神の裁き
    • アモス書ーーーー前730、社会的不義と神の裁き
    • オバデヤ書ーーー前580前後、神のエドムに対する裁き
    • ヨナ書ーーーーー前780、ニネベ伝道
    • ミカ書ーーーーー前730、神が求めるもの
    • ナホム書ーーーー前650、神の権威とニネベの運命
    • ハバクク書ーーー前600、神の義とユダの不義
    • ゼパニヤ書ーーー前620、神の審判
    • ハガイ書ーーーー前520、神殿建設
    • ゼカリヤ書ーーー前520、神殿建設
    • マラキ書ーーーー前460、悔い改めよ
  • 新約聖書(二十七書)
  • 福音書
    • マタイーーーーイエス・キリストの生涯と倫理的な教え
    • マルコーーーーイエス・キリストの愛のわざ
    • ルカーーーーーイエス・キリストを通して示された人への愛
    • ヨハネーーーーイエス・キリストを信じる為に書かれた書
  • 教会の成長を記録した書
    • 使徒の働きーーーー 聖霊によるペテロとパウロの働きを通しての初期教会の成長の記録
  • 諸教会に宛てた手紙
    • ローマーーーー信仰による救い
    • 1コリントーーーー分派分裂の問題
    • 2コリントーーーーパウロの使徒としての権威
    • ガラテヤーーーー律法ではなく信仰と恵みによる救い
    • エペソーーーー神のイエス・キリストによる永遠の計画
    • ピリピーーーーイエス・キリストにある喜び
    • コロサイーーーー神であるイエス・キリスト
    • 1テサロニケーーー主の再臨についての確証
    • 2テサロニケーーー主の再臨まで主にあって励みなさい
    • 1テモテーーーー偽教師に対するテモテへのアドバイス
    • 2テモテーーーーパウロの最後のことば
    • テトスーーーーテトスへの命令・長老の任命
    • ピレモンーーーー主人と奴隷の和解のための助言
    • ヤコブーーーークリスチャンのための倫理的な教えと動機
    • 1ペテローーーークリスチャンとして迫害に対する
    • 2ペテローーーー偽教師に対処する
    • 1ヨハネーーーー互いに愛しなさい
    • 2ヨハネーーーー偽教師と本物の教師を見極める
    • 3ヨハネーーーー旅人をもてなす
    • ユダーーーー偽教師についての警告 説教の記録
    • ヘブルーーーー大祭司イエス・キリストによる新しい契約
  • 黙示文学
    • 黙示録ーーーーローマ帝国の偶像礼拝支配の中でも、 イエス・キリストによってクリスチャンが勝利 するという保証。またキリストの再臨と神の裁きをも啓示している。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。