聖書-キリストは人生を変える 

イエス・キリストを心で受け入れて・・・人生が変えられます

姉妹サイト 聖書の言葉を日本社会に

何のために生まれてきたのか?

何のために生まれてきたのか

「自分は何のために生まれてきたのか?」などと考えてみても、普通は結論はでませんので途中で思考を停止しまいますね。(人生の目的、生きる意味を参照)今日は、改めてこのことについて考えてみましょう。人類という大きな枠組みではなく、1個人の人間、ユニークな存在として何のために生まれてきたのでしょうか。

「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。 わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」(マタイ10章26節ー31節)

この言葉は、キリストが弟子たちに語ったものです。キリストの言葉は愛に満ち溢れています。厳しい言葉のように聞こえますが、弟子に対する思いやりと愛の言葉です。しかし、この言葉は神とキリストを信じていない人たちにも向けられています。この言葉に私たち人間が、生まれてきた目的、理由が隠されています。神は生まれた時から私たち一人一人を知っています。

私たちは、自然界の動植物よりもっと大切な存在なのです。なぜでしょうか。それは、私たち人間一人一人が、神に似せられて創造され、神の栄光を現す存在として生かされているからです。造られた者は、造ってくれた方のデザインによって動かされるべきであり、使われるべきです。造られた者が、造った方に対して「なぜこんな形で造ったんだ!他の方法で生きたい」と文句は言えるでしょうか。製造業で造られた物でも設計者に文句は言えません。我々人間は、創造主なる神を敬い、また恐れるべきなのです。なぜなら、私たちを創造した神は、私たちを破壊することはたやすいことだからです。

人それぞれ、人生の苦労や困難を経験する時期は違います。悲しみを経験する時期も違います。でも神は、私たち一人一人のすべての人生経験を知っています。私たちが何を必要としていて、どのような希望を抱いているかもご存知です。

人間は元々、神を畏れ敬うDNAが産みこまれています。人生の目的も生きる意味も神が与えてくださっていることも、私たちは霊的なDNAによって本来知っているはずなのです。ところが、そのDNA(感性と信仰)は、この世の罪によってよどんでしまいました。感性が鈍くなってしまったのです。

「自分は何のために生まれてきたのか?」神は人それぞれに明確な指針を与えています。問題は、それを私たちのほうで気づくかどうかです。聖書を読み考えてみましょう。祈ってみましょう。神は、私たちが行くべき道を必ず示してくださいます。

今日も素晴らしい日でありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright © 2018 聖書-キリストは人生を変える