マタイの福音書5章8節

清い心

「心の清い人々は、幸いである、/その人たちは神を見る。」

自分の心の清さは自分では計れないでしょう。いつも純粋な動機で物事をやっていると誰が言えるでしょうか。私たちの心に宿っている罪が心の目を曇らせてしまいます。私たちと神と間に、罪(私たちの自分勝手な思い、考え)は大きな壁を作ってしまうのです。結果的に、神を知ることなしになってしまいます。特にこの混乱、混迷している世の中でいろいろな声が聞こえてきます。どの声が正しいのか、迷ってしまいます。ますます、神の真理を知ることは難しくなります。ではどうすれば神を見るために清い心の人になれるのでしょうか。人生の目的、生きる意味も参考に。

神を心から信じて罪、自分の自己中心的な態度を悔い改める、これが最初のステップです。神はこのような人の心を清めてくださいます。さらによいことは、この清めの業によって私たちは神を本当に知ることが出来るのです。良い循環です。神の教えに心から従えるようになります。このような人は本当に幸せです。神の祝福を受けるのです。

マタイ5章3節ー12節には幸せの判断基準が書かれています。これらの聖句から学ぶことは多くあります。人は誰もが幸福になりたいと願っています。その幸せを求めるために、人はもがき苦しむ事の方が多いでしょう。しかし、その「幸せ」を与えてくれるのは神ご自身です。私たち自身が掴み取るものではありません。心から創造主なる神を信じてみましょう。良い結果が必ずあります。

Please follow and like us:

コメントを残す