この世の終わりが来る時

すべての命には初めがあり終わりがあります。すべての物質にも初めがあり終わりがあると考えるのはおかしいでしょうか。この宇宙はいつから存在しているのでしょうか。またこの宇宙は永遠に存在するものなのでしょうか。科学者たちによればこの宇宙は膨張し続けているといわています。同時に、宇宙の膨張が頂点に達して最終的に宇宙は冷却され生命の維持ができなくなるーこれが定説のようです。

聖書によれば、宇宙を含めた天地万物はすべて消え去る時が来ると預言されています。その時に、すでに死んだ人も生きている人も含めて全人類が裁かれると教えられています。それがいつ来るのかは誰にもわかりません。神のみぞ知りえることです。しかし、もしこの預言が本当だとすれば、私たち人間はどのようにその裁きの時のために備えたらいいのでしょうか。この預言は、肌の色や国籍に関係なく、また宗教や文化を超えて、すべての人間に関わることです。だからこそ真剣に考えるべきだと私は思います。映画に描かれているような作り話ではなく、真実だとしたら私たちはどうすればいいのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。