イエス・キリスト

イエス・キリストは空想の産物ではありません。1世紀のローマ帝国のユダヤ(現在のイスラエル)で生まれ育った歴史上の人物です。イエス・キリストは、創造主なる神から遣わされ、神の福音のメッセージを成就するために来たと主張しました。神と直接つながっていると言った宗教家は、歴史上多くいます。客観的にいってイエス・キリストもその一人と言えますね。しかし、このような人物の主張が真実か否かは、3つの可能性しかありません。

  1. イエス・キリストは最初から大嘘をついていた。
  2. イエス・キリストは気が狂っていた。
  3. イエス・キリストは、真実を語っていた。

さては、真実は何でしょうか。もし1-2であれば聖書など読むに値しないでしょう。たとえ良い教えであっても嘘八百であれば最初から読む価値などないのではないでしょうか。でも、もし3が本当であればすべての人間に関わる大きな問題です。このサイトでは丁寧に一つ一つの疑問に答えていきます。

教会やキリスト教に対する先入観やカルト的キリスト教系団体やしつこい勧誘によってもたらされた誤解によって、教会に近寄らずべからずと考えている人も多いでしょう。そんな先入観を取り除いていただき、真正面からイエス・キリストがどんな方であるかを理解していただければ幸いです。

コメントを残す